歩き方について検証した結果

疲れない歩き方ってどんな歩き方だろう。そもそも歩くってどんなメカニズム?そんなことを考える今日この頃、普段なんとも思わない歩くということを、まじめに考察してみました。

 

そもそも腕振りだけど、右足を前に出すときは左手を前に出す。左足を前に出すときは右手を前に出すというように交差する形で腕をふっているんだけど、これって本当に効率がいいの?力学的に前進しようとする足の力を反対の腕が相殺していないのかな?もし相殺しているのであれば、前に出す足と同じ側の腕を同時に出せば前進する力が倍になるんじゃないのか?

 

ってことで、じっさいにやってみたところ、バランス崩しちゃいました。でも、足は普通の歩き方より前にでる。じゃー、バランスとりながら同じ側の足と腕を同時に出せれば、より前進する力が上がるのでは?どうやってバランスとればいいのか?

 

そう悶々としながらすぎた日々。。。そしてついにその方法がわかったのです。同じ側の足と腕を前に出すんじゃなく、同じ側の足と肩を前に出す!!そう、腕の先を振り子のように前に出すのじゃなく、足と肩を同時に出すことによって、あとから振り子のように腕が前に自然と出るのです。そうするとバランスはしっかりととりつつ、前に出る力が相殺されずに、より効率よく歩けることがわかりました。なんか、体ごと前に進んでいるような感じです。

 

そして、さらにこの歩き方でいろんなところを歩いた結果、なんと、上り坂が楽ちんなんです。いままで途中で休まないと上れなかった急な上り坂も、休まず一気に上れました。これは、素晴らしい検証結果となりました。

 

今後はもっと研究を重ねて、より効率のいい歩き方を研究していきたいと思うこの頃です。