テレビを見てデブについて考えてみたこと

今日はロンドンハーツを見て、今日もめっちゃおもしろかった。毎回、だいたい同じこと繰り返してやってんだけど、ついつい見てしまう。ただアイドルにほかのアイドルに比べて太ってる子がいて、それはアイドルとしてはどうなのって思う事あるけど、決してデブではないと思うのよね。ああいうことを言ってると、一般の視聴者はひいちゃうね。わたしは、デブの定義ははっきりこれだってわかんないけど、少なくてもアイドルやっていいってテレビにも出てるんだからそういう人はデブでないよね。

 

デブって女性だと80キロぐらいでもいいんじゃないかなって思うのよね。ぽっちゃりでもなくデブだからね。今は体重3ケタでもぽっちゃりっていう人もいるみたいだけどー、それはさすがにやばいよね。

 

でも今っておデブさんやぽっちゃりさんって結構、人気で今まではマイナスイメージだったけど最近が一部ではかなり流行なのよね。

 

おデブさんの専門の喫茶店、メイドカフェみたいなのもあるみたいだし、需要があるんだよねー。わたしも応募しようかしらって思うもんね。でも合否の基準はなかしらね。わたし、面接受けても落ちちゃったりしてね。

 

こんなわたしでもやっぱり太っているよりは痩せていたいね。理由は病気が怖いからだね。健康に害を及ぼさないまでのおデブなら許せるけど、それ以上で健康に支障をきたすならやっぱりダイエットを考えるべきよね。

 

自己管理の観点からやっぱり規則正しい生活をしてちゃんと自分の体重を一定水準に維持しないとね。